Seem Seem

どのくらいできなければ疑うべき? 不妊症検査を受けるベストタイミング

久慈 直昭先生
東京医科大学 産科・婦人科

昭和57年慶應義塾大学医学部卒業後、慶應義塾大学医学部産婦人科教室入局。
平成13年同大学産婦人科講師、平成26年より現職。生殖医学、不妊症を専門とする。

35歳以上なら半年、それ以下は1年が目安

実は、不妊症の定義ははっきり決まっていません。けれども一般的に、妊娠を望むカップルが避妊をせずに定期的にセックスをしても、1年以上子どもができない場合を不妊症とされることが多いようです。

妊娠しやすいタイミングは、排卵日の二日前から排卵日当日まで。ある研究によると、妊娠した人の89%がこのタイミングで性行為を繰り返したところ、6回(周期)目までに妊娠したとされています。12回(周期)の挑戦で妊娠した人は実に99%。つまり、健康なカップルが妊娠しやすい時期に性行為をすると、9割近くが6回目以内で、ほぼすべての人が12回目以内で妊娠することになります。この報告から、「1年経っても妊娠しなければ、不妊を疑ったほうがいい」ということがよくわかります。

ただし、女性に子宮内膜症や子宮筋腫、極端な月経不順や月経痛、月経量の異常などがある場合は、1年を待たずに受診したほうがいいでしょう。とくに女性の場合、年齢を重ねれば重ねるほど妊娠・出産できる確率は下がっていきます。少しでもリスクがある35歳以上の女性の場合は、半年程度子どもができなかったら、不妊症の検査を受けることをおすすめします。40歳以上ならば、子宮内膜症や子宮筋腫、月経異常などのリスクがなくても、やはり半年程度で受診をしたほうが、妊娠できる可能性を高められるでしょう。

まずは女性の身体のリズムを把握しよう

妊娠しやすいタイミングを把握するために役立つのが、基礎体温表。基礎体温とは、安静にした状態で測る女性の体温のことです。実際には朝起きてするの体温を測定しますが、つけることで排卵や月経のタイミングがわかり、卵巣機能のサイクルを知ることができます。不妊症で受診する際にも、基礎体温表の提出は必ず求められるもの。毎日測っておくと、不妊症の治療がスムーズに始められます。

不妊症かも…と思ったら、通いやすい産婦人科または不妊専門相談センターに相談してみましょう。不妊専門相談センターとは、各都道府県や指定都市、中核市が設置している施設。不妊に悩むカップルに対して、不妊に関する相談や悩みなどについて、医師や助産師、不妊カウンセラーといった専門家が対応してくれます。また地域の診療機関がどのような不妊治療を行っているか、といった情報も提供。病院選びに迷ったら、まずは相談してみるといいかもしれません。

画面イメージ